FC2ブログ
このブログは移転しました。新しいブログはこちら→かたくりかたこりかたつむり
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
局所的にちょっと荒れてたので覚書として。

とりあえず、9年前のP3P発売当時から「ハム子厨(あえてこの表現を使う)」なるものがいたのは確か。
というのは、私がハム子とその一部ファンを嫌いになった原因の少なくとも半分は彼女達(ほぼ女性だと思うけど男性いたらごめんな)にあるから。その存在は決して想像上のものであったり、限られた数だったわけではない。
ハム子厨なる大きなひとつの存在があるわけではなく、実際にはそれぞれ違った個人個人の集まりなんだけれども、総合して以下のような発言が特徴。

・ハム子ルートは明るいから好き。キタロールートは暗いから嫌いだしいらない(もしくはプレイしていない)。
・ハム子なら荒垣先輩を救える。キタローだと生存ルートがないので救えない。
・ハム子もキタローと同等の主人公。でも後日談がないから、キタローは死ぬけどハム子は死んでない。
・荒垣先輩はハム子とセット。
・ハム子はシリーズ唯一の女性主人公。
・◯◯いらないからハム子出して。

それと、発言からしてP3Pから入った人が多いのかな? という印象です。

全く当てはまらねえぞ、という方は安心してください、あなたは厨ではありません。
心当たりがある方、おめでとうございます。

今でこそPシリーズの元・信者兼アンチだけど、昔々は大変熱心にファンをやっていた。そうすると、こういう考えを持ってるハム子推しの人が一定数いることが分かってくる。
P3無印からやってる人は分かるだろうけど、これらはP3好きな人に無意識にケンカを売ってる発言なわけで。

さて「嫌いになった原因の半分」ということは、もう半分があるわけだけど、それは何か。

公式である。

あえて原作とは正反対のイメージの主人公を追加し、死ぬために登場したようなキャラクターの生存ルートを作り、かといってストーリーの流れやエンディングやED曲は同じだった公式だよ。
P3の反省からか仲間が和気藹々していたP4の空気を、ハム子ルートにだけ持ち込んだ公式だよ。
(しかし、そういう公式に原作がいじられなくて良かったとも言える)

無口とはいえ作品の顔である主人公を、性格づけがややはっきりした正反対の主人公に置き換えて、それでオッケー! って何で思ったんだ。
それならストーリーも全部変えようよ。
荒垣さんはもちろん死なないし、理事長も美鶴父もその他の人も、そして主人公も死なない話でいいじゃない…

話が逸れた。つい積年の恨みが。

とりあえず、ハム子厨が無意識にハム子ageキタローsageするのは公式のせいもあるだろってことだけ伝われば幸い。
そしてそれはP3のテーマ全面否定であり、公式もそれをやっているってこと。
だから私は公式を絶対視しない。

ただ、と言っておきたいんだが、少なくともプレイ中はハム子可愛いと思っていた。私はコミュをあまり重視せず(せいぜい合体ボーナスと解禁ペルソナ目当て)、暇があればタルタロスを登るプレイスタイルなので、一番使う機会のある主人公は好きだったのである。それに目新しさもあったし。
アトラス公式が、一時期、昔の作品や扱いづらい作品を「なかったこと」のように扱っていた時には、さすがにそれはないだろうと思ってもいた。
だからPQ2でハム子が参加することになって、まあ好きな人はよかったねーという態度を取っている。

ただ、結局のところ、同列の主人公というよりは「究極のIF」だなーという感想を持ったので、ハム子で1周した以降は元通りにキタローで周回していた。キタロー大好きP3Fからのプレイヤーなので当然かもしれない。
ハム子はいわば、フジリュー封神演義の太公・望ちゃんのようなものだと思ったのだ。
※ネタが分からない人はググろう

そんな人間が前掲のハム子厨の発言に触れたらまあ大変、そういうわけで、めでたく嫌いになりましたとさ。

ところで、ではハム子厨はその発言を改めるべきなのか。原作史上主義の人やキタロー推しの人に配慮した発言をするべきなのか。
私の答えは「ノー」。
誰もそんなことを強制はできない。今まで通り発言すればいい。
その結果、嫌われることをきちんと引き受ける以上は、ゲームのキャラクターについて何を言おうが自由である。
どうせもう関係修復は無理なのだし。

さらに私はもう熱心なファンではないし、積極的にサーチすることをやめてしまったので、

ハム子参戦でハム子推しの発言を目にすることになり、呪いを吐く人がいようが、
ハム子厨のおかげで、穏健なハム子ファンがアンチハム子(厨)の発言に傷付こうが、
キタロー派とハム子派の間で溝が深まろうが、
アンチハム子厨の雑なまとめのせいでアンチ・アンチハム子厨(ややこしい)が増えようが、

別にどうでもいいというのが実のところである。
あるいは「殺れ殺れー!!」と叫んでるモブである。
真摯さが足りない。

元・信者兼アンチの私からあえて言うことがあるとすれば、
「検索するな」
この一言に尽きる。

あ、ちなみに私のフォローしてる人の中に厨はいないよ。ハム子厨を見たことのない人は幸いである。

おわり。
スポンサーサイト
PERSONA MUSIC FES 2013に行って来ました。全体の流れは以下の記事で把握出来ます。

「PERSONA MUSIC FES 2013~in日本武道館」をレポート。熱狂のステージに「来年はドーム!」の声も

budokan.jpg

本番前の物販でかなりやり遂げた感が漂っていましたが(笑)本番も楽しんできました。

冒頭のTrue Storyから何故か怒涛の連続P3曲というセットリストで早くもノリノリ。P3曲は元々の曲調がビートがきいているのと、Lotusさん&川村さんがとにかく歌が上手くてノセてくるのでライブ向きなんですよね。

P4曲ではジャズアレンジのHeavenがとても良かったです。明るくてアップテンポな曲が多めなP4ですが、平田さんはソウルやR&B畑の人なので、HeavenやSNOWFLAKESのようなしっとりしたアレンジの曲がとてもはまります。逆に言うと、観客をのせる様な曲調はちょっと難しいのかな~と毎回ちょっと思ってます。ペルソナバンドがサポートするから大丈夫だよ! 今回新しく入ったドラマーの演奏も良かったですね。

意外な収穫だったのは、P4UのバトルBGMメドレーはかなりライブ映えするなということ。前回の国際フォーラムでは演奏されなかったのでライブでは初のはずですが、バンドが強力なのでめちゃくちゃ楽しかったです。原曲はちょっと微妙かな……と思っていただけに予想外でした。

ステージのスクリーンにはゲーム画面の編集映像が流されていましたが、音楽メインで見たい人間としては出演者を映して欲しかった気もします(左右のスクリーンには映ってました)。今回は武道館だったので、そこそこ広さがありますし。まあその辺は、イベントの性質上あれが正しいのかな。

個人的には、改めてP3曲が好きだなと思えて良かったです。久しぶりに原曲バージョンのBurn My Dreadも聴けましたしね。

「PERSONA MUSIC FES 2013~in 日本武道館」セットリスト
1 Ture Story
2 Mass Destruction
3 Brand New Days
4 全ての人の魂の戦い
5 P3 Fes
6 Burn My Dread -Last Battle-
7 Beauty of Destiny
8 Key plus words
9 霧
10 SNOWFLAKES
11 More Than One Heart
12 NOW I KNOW
13 Heaven
14 Your Affection
15 Pursuing My True Self
16 Deep Breath Deep Breath
17 キミの記憶
18 P4Uメドレー
 (The Junes Hero~shadow Of The Labyrinth~Heartful Cry -in Mayonaka Arena-~Spirited Girl)
19 Best Friends
20 Burn My Dread
21 Time To make History

アンコール1
22 Shadow World
23 Never More

アンコール2
24 Reach Out To The Truth


引用元:http://www.4gamer.net/games/139/G013960/20130814022/

ペルソナ ミュージック グランプリ 結果
1位 キミの記憶
2位 Reach Out To The Truth
3位 Burn My Dread
4位 Heartful Cry
5位 Never More
6位 全ての人の魂の戦い
7位 Heaven
8位 Brand New Days
9位 Your Affection
10位 Mass Destruction、SNOWFLAKS(2曲ランクイン)


引用元:http://www.famitsu.com/news/201308/13038323.html
普段このブログではフィギュアまで取り上げないのですが、ジャックフロストのねんどろいどが可愛くてですね。座りポーズ用の足パーツもあるので座らせ放題!
発売日は2012年6月25日の予定です。

真・女神転生 ねんどろいど ジャックフロスト (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
ペルソナミュージックライブのサイトがリニューアルして2012年仕様に。またグッズ情報も公開されています。

PERSONA MUSIC LIVE 2012

リンク:ペルソナミュージックライブ公式サイト


ちなみに2009年のライブのキービジュアルはこんな感じでした。懐かしい。

B0030YKT2Mペルソナ ライブ2009 ポスター
アトラス

by G-Tools

120408_persona.jpg

『PERSONA MUSIC LIVE 2012
-MAYONAKA TV in Tokyo International Forum-』生中継の
実施劇場・チケット料金等の詳細が決定いたしました!

◆日時: 2012年4月8日(日)18時ライブ開演予定
◆出演: 川村ゆみ、Lotus Juice、平田志穂子、喜多修平、目黒将司(Index)
◆料金: 3,500円(税込)※おみやげ付き(公演当日劇場にてお渡し)
◆上映会場: 下記の映画館 24ヵ所で同時生中継 ※配給:ソニー“Livespire”

北海道・東北 札幌 ディノスシネマズ札幌劇場
宮城 109シネマズ富谷
山形 フォーラム山形
関東 東京 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
TOHOシネマズ渋谷
お台場シネマメディアージュ
新宿バルト9
TOHOシネマズ府中
神奈川 TOHOシネマズ川崎
横浜ブルク13
千葉 シネプレックス幕張
埼玉 イオンシネマ越谷レイクタウン
シネプレックスわかば
茨城 シネプレックス水戸
中部 新潟 T・ジョイ新潟万代
静岡 静岡東宝会館
愛知 109シネマズ名古屋
近畿 大阪 TOHOシネマズなんば
梅田ブルク7
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS
中国・四国 広島 広島バルト11
九州・沖縄 福岡 T・ジョイ博多
鹿児島 鹿児島ミッテ10
沖縄 シネマQ

※上映会場は2012年3月1日現在/後日追加となる場合があります


★★ローソンチケットにて、先行抽選受付決定★★
受付期間:2012年3月1日(木)10:00 ~3月14日(水)23:59

詳しくはコチラ
http://l-tike.com/persona/

ソース:http://www.p4a.jp/news/index.html#n253474

ペルソナライブ生中継、お近くの映画館はありましたか?
ところでおみやげってなんでしょうね。前回のペルソナライブでは、サイリウムやステージパスなどがセットになったお土産がもらえました。

PERSONA MUSIC LIVE BANDPERSONA MUSIC LIVE BAND
ゲーム・ミュージック 平田志穂子 川村ゆみ 小宮知子 Lotus Juice 喜多修平

by G-Tools

マヨ生ゴールデンにて、ペルソナミュージックライブ2012のキービジュアルと、全国の映画館での生中継が発表されました。

AmbhzV7CAAAz4wk.png

キービジュアル。クマからP3、Pts、P4のロゴ付き楽器が飛び出てます。

こちらはクマ役の勝平さんがTwitterに投稿したもの。
524642735.jpg
http://twitpic.com/8ocwxb

生中継についてはチケット受付の日付のみ分かっています。場所等は後日発表です。
遠くて諦めていた人、チケットが取れなかった人は要チェック。

●「PERSONA MUSIC LIVE」生中継決定!

『PERSONA MUSIC LIVE 2012
-MAYONAKA TV in Tokyo International Forum-』生中継
◆日時: 2012年4月8日(日)18時ライブ開演
◆出演: 川村ゆみ、Lotus Juice、平田志穂子、喜多修平、目黒将司(Index)
◆中継会場: 全国の映画館(詳細は後日発表)  ※配給:ソニー“Livespire”

会場・チケット料金等の詳細については後日発表いたします。お楽しみに!
※3月1日(木)より、ローソンチケット先行受付スタート予定※

http://6109.jp/P4A/?blog=253281


PERSONA MUSIC LIVE 2009 -Velvetroom in Wel City Tokyo- 【完全生産限定版】 [DVD]PERSONA MUSIC LIVE 2009 -Velvetroom in Wel City Tokyo- 【完全生産限定版】 [DVD]

by G-Tools


ペルソナ3 ペルソナ4 ペルソナ3ポータブル タルタロス劇場 (DCEX)ペルソナ3 ペルソナ4 ペルソナ3ポータブル タルタロス劇場 (DCEX)
(2012/01/27)
八十八 良、アトラス 他

商品詳細を見る


ペルソナマガジンですでに発表されていましたが、タルタロス劇場の単行本が1月に発売される予定です。内容は、すでに8冊出ている同人誌からのより抜き、電撃マオウとペルソナマガジンでの連載分です。同人誌は全部持ってますが(^o^) 昔のものは入手しづらいので再録は嬉しいですね。

単行本やらコミケやら(作者・八十八さんのブログ)

4コマ漫画「タルタロス劇場」

タルタロス劇場P4(Pixiv)

The Doujinshi & Manga Lexicon内で読めるタルタロス劇場
ペルソナシリーズ総合サイト「ペルソナポータル」がデザイン・レイアウト変更可能になりました。現時点ではP4Gバージョン、P4Uバージョン、P3Pバージョンの3種類のカスタムテーマがあり、3種類のレイアウトに変更可能。またガジェット位置を好みで変えられます。少しコツがいりますが(^_^;) 見やすくなって満足です。

P4Gバージョン
pp01.jpg

P4Uバージョン
pp02.jpg

P3Pバージョン
pp03.jpg

ペルソナポータル
http://p-atlus.jp/
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。